FC2ブログ
クラフトマンズマーケット&コラボラボ
プロフィール

craftmans

Author:craftmans
2013年3月23日24日開催
at A-factory


■コラボ×ラボ

革・木・土・漆 ジャンルの違う青森県内のクラフトマンが集まり、それぞれの素材を生かしたコラボ商品を生み出し提案する。
コラボ×ラボはそんな作家同士の掛け算的な商品を販売します。

■Crafts-man's Market
コラボラボ参加の作家販売コーナーやハンドメイド作家集団「オシャマルシェ」のコーナー、 ワークショップ等も開催予定。



↓↓↓下のMENUより確認したい記事をお選びくださいませ。

FACE BOOK
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18

木×革 折り畳み椅子 

DSCN4032.jpg
DSCN4034.jpg

アトリエCANOEの竹内です

前から作っみたかった革座面の折り畳みの椅子

せっかくの自然の中では、アルミパイプとナイロンの椅子より
自然素材の木と革の椅子が似合うんじゃないか? という思いがありました 

木のモノとコラボするのはやはり Easy livingの葛西さん 

木を扱う職人と革職人 感覚が違うのは当然だが イイ物を作りたいという思いと
ジャンルは違っても他人の技術から学ぼうという姿勢は同じなので 
やっぱり二人で あれや これや 構造やらデザインやら 問題になりそうな点や弱点やら 
話は行ったり来たり・・ 

でも出来上がると やっぱり 作って良かったという気持ちと作品が残ります 

革座面は色革(緑と赤)とヌメ革(サドルレザー)の2パターン 

色革のほうは その革1枚だけだと薄いので床革という革の裏面だけの革を張り合わせ
ミシン縫いすると繊維の方向が違う2枚の革が合わさるので丈夫になります(革厚は計3.6㎜) 

ヌメ革の方は 余分な加工を施してない生成りの渋なめしの革を手縫いで仕上げました(革厚3㎜)
自然に日焼けして 使う人の油脂を吸収して丈夫になっていきます 
(旅館の階段の木の手すりみたいな感じです)
キズや汚れやシミも革の表情のうちだと思える人に使ってほしいです

この椅子 コラボ×ラボ会場で是非座り心地をチェックして下さい  

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。