クラフトマンズマーケット&コラボラボ
プロフィール

craftmans

Author:craftmans
2013年3月23日24日開催
at A-factory


■コラボ×ラボ

革・木・土・漆 ジャンルの違う青森県内のクラフトマンが集まり、それぞれの素材を生かしたコラボ商品を生み出し提案する。
コラボ×ラボはそんな作家同士の掛け算的な商品を販売します。

■Crafts-man's Market
コラボラボ参加の作家販売コーナーやハンドメイド作家集団「オシャマルシェ」のコーナー、 ワークショップ等も開催予定。



↓↓↓下のMENUより確認したい記事をお選びくださいませ。

FACE BOOK
検索フォーム

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1382' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
24

ワークショップのお知らせ

コラボ×ラボでのワークショップのお知らせ CANOEの革ペン手縫いLABO  受付 1時~6時 対象:小学生以上 一回¥1500 製作目安:一回20分位革色&縫糸色 何色か有り 名入れも焼きペンで可能 手縫いで仕上げコバをWAXで磨いたら焼きペンで名入れも可能です ペンの中身は水性ボールペンで芯交換可能自分のペンを自分で縫い上げてみませんか? ... <a href="http://collabolabo.blog.fc2.com/img/DSCN4159_20130321205322.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/c/o/l/collabolabo/DSCN4159_20130321205322.jpg" alt="DSCN4159_20130321205322.jpg" border="0" width="1024" height="768" /></a><br /><br /><br />コラボ×ラボでのワークショップのお知らせ <br /><br />CANOEの革ペン手縫いLABO  <br /><br /><br />受付 1時~6時 対象:小学生以上 一回¥1500 製作目安:一回20分位<br />革色&縫糸色 何色か有り 名入れも焼きペンで可能 <br /><br />手縫いで仕上げコバをWAXで磨いたら焼きペンで名入れも可能です <br />ペンの中身は水性ボールペンで芯交換可能<br /><br />自分のペンを自分で縫い上げてみませんか? 
22

コースターを革で かがりました 

アトリエCANOEです  今回はコースタです一つは陶器のコースター(藤原陶房)に革かがり 渦巻き模様は裏面です 一応リバーシブル もう一つは木のコースターに革かがり  木目が美しいです革でかがる事によって革が突っ張ってコースターが横に滑りにくくなり 尚且つクッションの役目もあり 乗せる器をソフトに受け止めてくれます 木・陶 どちらも 各1ヶ¥1500です  ... アトリエCANOEです  今回はコースタです<br /><br />一つは陶器のコースター(藤原陶房)に革かがり 渦巻き模様は裏面です 一応リバーシブル<br /><br /> <br /><br /><a href="http://collabolabo.blog.fc2.com/img/DSCN4157.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/c/o/l/collabolabo/DSCN4157.jpg" alt="DSCN4157.jpg" border="0" width="448" height="336" /></a><br /><br /><br />もう一つは木のコースターに革かがり  木目が美しいです<br /><br /><a href="http://collabolabo.blog.fc2.com/img/DSCN4158.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/c/o/l/collabolabo/DSCN4158.jpg" alt="" border="0" width="448" height="336" /></a><br /><br />革でかがる事によって革が突っ張ってコースターが横に滑りにくくなり <br />尚且つクッションの役目もあり 乗せる器をソフトに受け止めてくれます <br /><br />木・陶 どちらも 各1ヶ¥1500です  <br /><br /><br />
21

革のマネークリップ財布+螺鈿コンチョ

アトリエCANOEです 定番のマネークリップ財布にカード入れを付けてドットに付けるコンチョにCASAICOさんが漆と螺鈿(貝のキラキラしてる所)で彩ってくれました シルバーの単色のコンチョ(奥)に比べて革色(黒)が入って とても馴染んでます コラボ×ラボは作家同士の掛け算的な化学反応が出せればイイな~と思ってたので 他の作家の仕事からワクワクする何かが浮かんでそれを形にできれば、大成功だと思います この螺鈿の... アトリエCANOEです <br /><br />定番のマネークリップ財布にカード入れを付けてドットに付けるコンチョにCASAICOさんが<br />漆と螺鈿(貝のキラキラしてる所)で彩ってくれました <br /><br />シルバーの単色のコンチョ(奥)に比べて革色(黒)が入って とても馴染んでます <br /><br /><a href="http://collabolabo.blog.fc2.com/img/DSCN4132.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/c/o/l/collabolabo/DSCN4132.jpg" alt="DSCN4132.jpg" border="0" width="448" height="336" /></a><br /><br />コラボ×ラボは作家同士の掛け算的な化学反応が出せればイイな~と思ってたので <br />他の作家の仕事からワクワクする何かが浮かんでそれを形にできれば、大成功だと思います <br /><br /><br /><a href="http://collabolabo.blog.fc2.com/img/DSCN4135.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/c/o/l/collabolabo/DSCN4135.jpg" alt="DSCN4135.jpg" border="0" width="448" height="336" /></a><br /><br />この螺鈿のキラキラ感と黒でシルバーに温かみがでてます <br /><br /><a href="http://collabolabo.blog.fc2.com/img/DSCN4139.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/c/o/l/collabolabo/DSCN4139.jpg" alt="DSCN4139.jpg" border="0" width="336" height="448" /></a><br /><br />手仕事に誇りをもって、プロとして活動してる職人達に会いに是非!<br />3月23/24日 A-factory でお待ちしてます。 <br /><br />売り物の定番商品も沢山持っていきます<br /><br />
20

木で、漆で、当たり前のスプーン

イージーリビングのスプーンに塗ってます。しゅっとまっすぐで、けどほっとする感じが、作者・葛西さんという人そのものだなと感じます。個性とか作風というより、正直に作ったゆえその人の人格が現れるような、より純粋な魅力を纏っています。そんなんで、これに漆でごてごてと足し算するのはちょっと不粋だよな〜と。拭き漆するだけで十分だよきっと!と。「拭き漆」といって漆を木肌に染み込ませてコーティングさせる、一番シ... <a href="http://collabolabo.blog.fc2.com/img/IMG_4124b.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/c/o/l/collabolabo/IMG_4124b.jpg" alt="IMG_4124b.jpg" border="0" width="640" height="427" /></a><br /><br /><br />イージーリビングのスプーンに塗ってます。<br />しゅっとまっすぐで、けどほっとする感じが、作者・葛西さんという人そのものだなと感じます。<br />個性とか作風というより、正直に作ったゆえその人の人格が現れるような、より純粋な魅力を纏っています。<br /><br />そんなんで、これに漆でごてごてと足し算するのはちょっと不粋だよな〜と。<br />拭き漆するだけで十分だよきっと!と。<br /><br />「拭き漆」といって漆を木肌に染み込ませてコーティングさせる、一番シンプルな漆の塗り方です。<br />オイル仕上げ等に比べるとどうしても色合いが暗くなってしまいますが、<br />耐久性や・抗菌・てざわり等、漆の長所が食器として日々使うなかで活きてくると思います。<br /><br />コラボというか、いままでのイージーリビングスプーンのバリエーションのような、定番的な存在になるような、<br /><br />「木で、漆で、当たり前のスプーン」<br /><br />にしたいなぁと。<br /><br /><br />三上
19

陶器のスプーン

ふじわら陶房の藤原です。カヌーさんとのコラボカップ、制作中の写真が無くてごめんなさい。革をあててもらう部分のへこみは初めての試みだったので緊張しました。いい仕上がりになって嬉しいです。今はスプーンを制作中。白土(みかげ石入り)で成形してカリカリ削っているところです。地味~な作業だけれども楽しい。スプーンを作るのは久しぶりなので私も出来上がりが楽しみです。... <a href="http://collabolabo.blog.fc2.com/img/13-03-09_001.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/c/o/l/collabolabo/13-03-09_001.jpg" alt="13-03-09_001.jpg" border="0" width="640" height="480" /></a><br />ふじわら陶房の藤原です。<br />カヌーさんとのコラボカップ、制作中の写真が無くてごめんなさい。<br />革をあててもらう部分のへこみは初めての試みだったので緊張しました。<br />いい仕上がりになって嬉しいです。<br />今はスプーンを制作中。<br />白土(みかげ石入り)で成形してカリカリ削っているところです。<br />地味~な作業だけれども楽しい。<br />スプーンを作るのは久しぶりなので私も出来上がりが楽しみです。
18

木×革 折り畳み椅子 

アトリエCANOEの竹内です前から作っみたかった革座面の折り畳みの椅子せっかくの自然の中では、アルミパイプとナイロンの椅子より自然素材の木と革の椅子が似合うんじゃないか? という思いがありました 木のモノとコラボするのはやはり Easy livingの葛西さん 木を扱う職人と革職人 感覚が違うのは当然だが イイ物を作りたいという思いとジャンルは違っても他人の技術から学ぼうという姿勢は同じなので やっぱり二人で あ... <a href="http://collabolabo.blog.fc2.com/img/DSCN4032.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/c/o/l/collabolabo/DSCN4032.jpg" alt="DSCN4032.jpg" border="0" width="448" height="336" /></a><br /><a href="http://collabolabo.blog.fc2.com/img/DSCN4034.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/c/o/l/collabolabo/DSCN4034.jpg" alt="DSCN4034.jpg" border="0" width="448" height="336" /></a><br /><br />アトリエCANOEの竹内です<br /><br />前から作っみたかった革座面の折り畳みの椅子<br /><br />せっかくの自然の中では、アルミパイプとナイロンの椅子より<br />自然素材の木と革の椅子が似合うんじゃないか? という思いがありました <br /><br />木のモノとコラボするのはやはり Easy livingの葛西さん <br /><br />木を扱う職人と革職人 感覚が違うのは当然だが イイ物を作りたいという思いと<br />ジャンルは違っても他人の技術から学ぼうという姿勢は同じなので <br />やっぱり二人で あれや これや 構造やらデザインやら 問題になりそうな点や弱点やら <br />話は行ったり来たり・・ <br /><br />でも出来上がると やっぱり 作って良かったという気持ちと作品が残ります <br /><br />革座面は色革(緑と赤)とヌメ革(サドルレザー)の2パターン <br /><br />色革のほうは その革1枚だけだと薄いので床革という革の裏面だけの革を張り合わせ<br />ミシン縫いすると繊維の方向が違う2枚の革が合わさるので丈夫になります(革厚は計3.6㎜) <br /><br />ヌメ革の方は 余分な加工を施してない生成りの渋なめしの革を手縫いで仕上げました(革厚3㎜)<br />自然に日焼けして 使う人の油脂を吸収して丈夫になっていきます <br />(旅館の階段の木の手すりみたいな感じです)<br />キズや汚れやシミも革の表情のうちだと思える人に使ってほしいです<br /><br />この椅子 コラボ×ラボ会場で是非座り心地をチェックして下さい  <br /><br />
17

フォールディングチェア

EasyLivingの葛西です。アトリエCANOEの竹内さんと一緒に作った椅子。椅子一つでこんなにも考えていることが違うのかと・・・。一緒にものを作ることのむずかしさを感じました。あきらめるわけでもなく、ただ押し通すわけでもなく、ちょうどすとんと落ちるところが見つかるまで作りこんでみる。すごくシンプルだけど、いいなって思えるものができましたよ。... <a href="http://collabolabo.blog.fc2.com/img/2012_7_8a-line2.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/c/o/l/collabolabo/2012_7_8a-line2.jpg" alt="フォールデングチェア" border="0" width="640" height="478" /></a><br />EasyLivingの葛西です。<br />アトリエCANOEの竹内さんと一緒に作った椅子。<br />椅子一つでこんなにも考えていることが違うのかと・・・。<br />一緒にものを作ることのむずかしさを感じました。<br />あきらめるわけでもなく、ただ押し通すわけでもなく、ちょうどすとんと落ちるところが見つかるまで作りこんでみる。<br />すごくシンプルだけど、いいなって思えるものができましたよ。
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。